心身共に疲れた時にワーママが行きつく先は

疲れたワーママの心の隙間を埋める

疲れたワーママの心の隙間を埋める
家事、育児、仕事、夫婦関係、1人で4役をこなすのがワーママは超多忙な毎日を過ごしています。多忙なだけならまだ良いのですが、この4つにはトラブルがつきもの。

 

朝ごはんの支度をして部屋の掃除や洗濯。合間を見つけて夕飯の下ごしらえをして会社に行く。仕事が終わったら夕飯を作ってお風呂を沸かす。子供がいればここに学校へ行く支度の手伝いと見送りで朝から激務のはじまりです。

 

やっと自分の時間ができるかなと思いきや出勤の時間が迫る!素早く化粧をして家を出るまで一息つく暇もありません。仕事中に電話が鳴り、「学校で〇〇君を怪我させちゃった」など子供のトラブルも。その対応をするのもワーママのお仕事。旦那は仕事を理由に子供のしたことに対して関心を持ってくれません。

 

そんな旦那との夫婦関係はというと・・・完全に冷めきっちゃってます。付き合っている頃は何をするにも一緒で楽しかったはずなのに・・・

 

たまにやってくる姑の小言にイライラしながらも作り笑顔で対応しているうちに、旦那の事は褒めるが私の事は褒めない姑。なんでこの人と結婚したんだろうと疑問を持つワーママの気持ち、すごくわかります。

 

これだけ頑張っているのに報われることがないワーママはハッキリ言って疲れます。ふとした瞬間にポキっと心身を支えていたものが折れてしまうんです。

 

そんな時にワーママは何を求めるのか。。。それは旦那以外の男性です。

 

疲れた身体を癒してほしい・・・身も心も包み込んでくれる包容力のある男性を求めるようになるのです。

 

ワーママが女になる時

疲れたワーママの心の隙間を埋める
どんなに忙しくても家事が待っていても仕事が終わった後に直帰せず、ツーショットダイヤルや出会い系サイトを利用して身バレしないようこっそりと男性を探します。時にはバーで時には居酒屋を一人で訪れ、出会える男性を探すのです。

 

人目につかない所でツーショットダイヤルにメッセージを録音し、トイレや人気のないカウンターで出会い系サイトに書き込みをする。そしてお目当ての男性からアプローチがあれば待ち合わせ場所へ行き、そのまま夜のホテル街へ・・・

 

この時、ワーママから一人の女として家庭や仕事を忘れ、男性と出会い夜を楽しむことに徹します。仕事、家事、育児、旦那に対する不平不満は口に出さず、激しいセックスをすることで解消する。人妻好きな男性と、男性とのセックスで鬱憤を晴らしたいワーママの利害が一致し、心と身体がシンクロする瞬間です。

 

何年もしていなかった女の顔で喘いで感じる。全てを男性の前でさらけ出すことでワーママは癒しを感じ、ストレスを解消しています。

 

激しい夜を過ごし、このままホテルで男性の腕枕で眠りにつきたいところですが、現実はそうはいかず、家に帰って家事をするという現実が待ち受けています。再度、激しく熱い夜を過ごす為ならという目標ができることで割り切って、シンデレラから1人4役のワーママへと戻っていくのです。

 

ワーママと出会った時の心構え

疲れたワーママの心の隙間を埋める
ワーママは現実を忘れて思いっきり乱れたいという願望が強いので、出会った男性はあまり家庭状況などの質問は控え、ママの方から告げてきたら聞くくらいの気持ちでいるのが賢明です。

 

ワーママには時間の限られたシンデレラのような存在。素敵な時間を過ごすのに愚痴は必要ありません。愚痴を聞くより楽しい話をして盛り上げて、最高のセックスができる環境を作り上げてあげるのが男性の役割です。獣のような野生溢れる激しいセックスを互いが求めあう為に。

 

最高の夜を過ごせたなら、そのままバイバイはとても寂しいもの。一夜限りを求めるのか、長期的な関係を求めるのか。それはお互いのセックス、居心地の良さが合えば答えは自然と後者になり気づけばまた会っていた。という関係性を築けることでしょう。

 

男性はワーママの特性と現実を理解して接することでワーママとのセックスフレンドのような関係を続けることが可能になります。何度かあっている中でセックス以外の愚痴や世間話もしあえるようになり、そうなるとより深く激しい思いやりのあるセックスで燃え上がれるようになります。

 

悩みも聞きあう仲に慣れた時旦那以上に大切なパートナーとしてより関係性が深まる事でしょう。